Les Archives 1997-2010 アーカイブ

OVNI Home » グルメ:料理、レストラン » Resto » francais » 682_resto

2010/09/01

Chez Jeannette — 人間観察が楽しい、超人気カフェ

 インド人街、パッサージュ・ブラディを抜けると、がらりと雰囲気がかわる。最近注目されているフォブール・サンドニ通りのおしゃれ度は、Chez Jeannetteの恩恵にあずかるところが多い。お店の前はいつでもギョーカイっぽい人たちが道路まであふれかえっている。レストランというよりもカフェというイメージが強いのだが、ご飯もおいしいという噂を聞き、お昼休みに友人とでかけた。案の定、お昼もたくさんの人! かろうじて空いていた奥の席に座る。しかしながら天井の高い、歴史を感じさせるカフェの装飾と心地よい音楽のおかげで、人が大勢いても息苦しい感じはない。
 前菜にはポワローのグラタン、カンタルチーズのせを分け合う。たっぷりのクリームと表面でとろけるチーズの見た目から想像していたよりもあっさりしていて、二人でぺろりとたいらげてしまった。
 メインは迷った。おなかがすいていた友人は、アントルコットと本日のおすすめの子羊肉の香草焼きなどとさんざん迷い、Jeannet's BBQ(18€)を、私はホタテ貝のブロシェットにもひかれたが、隣の人が食べていた、ラーメン丼をひとまわり小さくしたようなかわいい器に入ったザリガニのサラダ(11€)を。飲み物は赤のグラスワイン。友人は肉料理にあうCorbière(4€)を、私は適度に冷やしたBrouilly(4.5€)。木製のプレートに所狭しと並べられた豚肉のフィレミニヨン、シポラタソーセージ、牛肉の3種のグリルを、タルタル、バーベキュー、サルサソースで食べる。過ぎ去ったばかりの夏のバカンスを思いだす味と盛りつけ…。ザリガニのサラダは、アボガドとザリガニがふんだんに入り、見た目よりもずっと食べごたえがある。前菜もメインも、食べやすいシンプルな味付け。量もちょうどいいくらい。デザートはキャラメルソースがたっぷりかかったチーズケーキ(6.5€)。ふわふわと軽くメレンゲ風で、しっかり甘いキャラメルソースとの相性ばっちり。メニューの品揃えはとことん正統派だけど、さりげなく今風にアレンジされている。まさに、お店の雰囲気そのものだ。(貴)

47 rue du Faubourg Saint Denis 10e 
01.4770.3089  
M°Strasbourg-Saint-Denis  
月〜土 8h-23h30  日8h-22h

戻る・Retour : トップページ Page de garde