Les Archives 1997-2010 アーカイブ

OVNI Home » グルメ:料理、レストラン » Resto » americain » 571_resto

2005/08/01

Le Fils du soleil —太っ腹なコロンビア料理をもりもり食べてしまおう。

 オヴニー編集部のあるレピュブリック界隈。ふだんは行かないサンマルタン大通り方面に足をのばしたらこれが大当たり。親切で気さくなアドリアナさんが温かく迎えてくれるピカイチのレストランを見つけた。
 昼のコースは前菜、メイン+飲み物で10.5
。選択肢が多いのがいい。大まかにコロンビア、メキシコ、シーフード、ベジタリアンの4つに分けられた中に、それぞれ3、4品の提案がある。そのうえ、例えば、前菜をメキシコ料理からとってメインをベジタリアンから選ぶことも可能だ。
 シーフード好きの連れは、エビのマリネと白身魚のソテーを、コロンビア料理をぜひとも試したかった私は、エンパナダスと豚肉のスペアリブを頼んだ。飲み物もワインやコーラなどから選べるが、数あるトロピカルフルーツの中から、マンゴーとパッションフルーツジュースを選んだ。
 エンパナダスは、ひき肉の入った揚げパイで、ピリリと辛いソースとアボガドのディップ<ガガモレ>とサラダ付き。エビのマリネもクラッカーが添えられ、なかなかのボリュームだ。
 スペアリブは、バーベキューソースたっぷりで、よくマリネされた肉はナイフで簡単に身が骨からはずれるほど柔らか。付け合わせに、くし形のフライドポテト、もち米のようにもっちりしたライス、サラダが添えられボリュームも満点。メインを充分に味わいたかったら、前菜を軽く済ませた方が無難かも。
 アドリアナさんの人柄か、常連客が多いからか、店内はいつもにぎやか。こんな店を行きつけにできたら、パリの生活も充実しそうだ。(月)


5 rue René Boulanger 10e 01. 4452.0121 土昼・日月休
残念ながら7/30〜8/22は休業なのでご注意。
戻る・Retour : トップページ Page de garde