Les Archives 1997-2010 アーカイブ

OVNI Home » グルメ:料理、レストラン » Resto » americain » 535_resto

2003/12/15

Les Grillades de Buenos Aires — アルゼンチングルメに初挑戦。

 モンパルナス駅周辺のクレープ屋街にアルゼンチン料理のレストランを発見。アルゼンチンといえば、誉れ高いアルゼンチン牛のステーキが思い浮かぶ。そんなわけでレストラン自体の予算設定はお安くはないのだが、まずは断然お得なランチメニューでお手並みを拝見だ。
 友人は、前菜+ステーキ+デザートの15€のコースを、私は、ステーキとデザートだけの2品12€のコースを選んだ。
 前菜のエンパナダスというチーズやハムの入ったパイは、アルゼンチンワイン(グラス4.50€)のお供にもいい感じ。サラダ添えなので、私ならこれだけでも軽めのランチになりそうだ。
 芳ばしい肉の焼ける匂いが店内に充満したかと思うと、ボリュームたっぷりのステーキが登場。焼き加減を迷わずセニャンに指定して正解だ。夜には単品で19.50€というのも納得のステーキは、カジュアルでありながら豪勢な気分を味わえる。小瓶入りのステーキソースや、つけ合わせのサラダとポテトの下から、揚げたオニオンやズッキーニが現れたりと細かいところにも気が利いている。
 デザートにはブエノスアイレス風ケーキ。ラム酒風味のロールケーキの上に名物コンフィチュール・ド・レ(煮詰めたコンデンスミルクの感じ)がたっぷりで、ちょっぴり大人の味。最後のシメはマテ茶(3.50€)。伝統的には茶漉しの役割も果たす銀のストローで飲むのだそうだが、ここではごく普通のティーカップでお目見え。緑茶に近い味でなんだかほっとする。おもな客層は恰幅のいいムッシューたち。さすがに美味しいものをよく知っていらっしゃる。(里)



*54 rue du Montparnasse 14e
01.4321.5674 土昼・日休
戻る・Retour : トップページ Page de garde