Les Archives 1997-2010 アーカイブ

OVNI Home » グルメ:料理、レストラン » Resto » africain » 588_resto

2006/05/15

L'Aigre-Doux — イラク料理ってこんなにおいしいんだ。

 3区のアールゼメチエ駅付近といえば、安くておいしい中華料理を食べに行くとっておきの界隈なのだが、ここに評判の高いイラク料理のレストランがあると聞いて友人を誘ってやってきた。何よりも低予算で楽しめるというのが魅力的だ。
 夜のコースは、前菜、メイン、デザートの3品で13.50。これがランチならば7になる。前菜は盛り合わせの1品のみで選択はなし。メインには、友人は子羊とオクラの煮込みを選び、私は〈デリス・ド・バグダッド〉というナスやジャガイモ、肉やチーズをブリックで包んで焼いた、この店のスペシャリテを頼んでみる。ワインは気軽にガイヤックをハーフボトル(9)で。
 まずは前菜の登場。きっとレバノンやトルコ料理のメッゼと同じようなものだろうと思いきや、むちむちした麦やハムがマヨネーズ風のソースで和えてあったり、豆類が加わっていたりと全然別のものでびっくり。しかも懐かしさのある優しい味で、量も多すぎず少なすぎずちょうどいい。
 メインのデリス・ド・バグダッドは、想像していたナスのグラタン風よりもサモサ風。ただし、左側からはナスやひき肉が出てくるのに、右側からはスパイシーなジャガイモがころころ出てくるといったように場所場所で違った味わいがあるのが面白い。添えられたご飯も味付きでおいしいし、豆や野菜も柔らかく煮てあっていい感じ。子羊とオクラの煮込みのほうも、添えられたご飯と一緒にかき込めるカレーライスやハヤシライスのような料理だから、すんなり胃に収まるし、なんとも落ち着く料理だ。
 デザートは、ナツメヤシのソース添えのフロマージュブランにした。いつものデザートもオリエンタル風味が加わるとこんな風になる。シメはイラク風のカルダモンティー(1.50
)で。魚料理もおいしそうだったからまた来よう。(月)


59 rue des Gravilliers 3e 01.4271.4454
M。Arts et Metiers 土昼・日休。


戻る・Retour : トップページ Page de garde